植物バイオサイエンス学科 HPへ

生命環境科学部附属 教育研究フィールド

教育研究フィールドの目的

植物開発と持続的利用の実際を学ぶ 食や環境に役立つ植物の持続的開発利用には、実際の場での植物機能の働きや植物の振る舞いを知る必要があります。教育研究フィールドには資源植物園のほか、植物生産の模擬的環境として圃場や温室を備えており、植物生産と一体化したビオトープもあります。模擬的環境を生かして、植物バイオサイエンス学科の「バイオサイエンスフィールド実習」をはじめとして、資源植物の収集・評価・保存、組換え植物などの実用化、有用植物の特性評価、環境影響評価などの教育・研究への支援を行っています。フィールド実習では、植物の開発と改良に必要な植物の育成管理技術、資源植物開発技術、LMO管理技術などの実際とその技術背景を学びます。また、生命環境科学部の卒業研究や研究科院生の研究実験と地域に密着した産学連携プロジェクト研究活動の場としても広く利用されています。

主な事業

教員・大学院院生の教育研究支援地域貢献
府下の企業等との共同研究
植物の生育する模擬的環境利用への支援 
自然観察・農場見学・農業体験など教育機関への協力
植物バイオサイエンス・フィールド実習 学部2年生必須科目(通年)

教育研究フィールド(農場)沿革

昭和24年4月 浪速大学農学部発足(大仙学舎・堺市大仙町、池田学舎・池田市八王子)。 農学部附属農場として当時の大阪農業専門学校附属農場(池田学会内)を移管。 昭和27年4月大仙学舎に統合。大阪府立農業高等学校廃校に伴い校内農場(大仙学会内)2.6 haと同校外農場(堺市東上野芝町)4.95 ha、合計7.55 haを移管。旧農専附属農場閉鎖。
昭和30年9月 大阪府立大学に名称変更。昭和32年4月府立大学教育学部城之山農場(元大阪青年師範学校附属農場、堺市百舌鳥西之町)1.43 haを移管。

昭和34年3月 農場用地(堺市大仙中町)0.6 ha拡張。 昭和38年4月旧府立農業試験場の圃場および建物敷地(堺市大仙中町)5.3 ha移管。旧府立農業高等学校校外農場閉鎖。
昭和44年4月 農学部学舎完成(堺市百舌鳥梅町・現学園町)。キャンパス内に農場用地3.7 haを開墾造成。 昭和46年2月管理棟および温室4棟竣工。3月大仙学舎より移転。城之山農場以外の旧農場閉鎖。
昭和47年4月 現農場を2.2 ha拡張、合計約6 haとして現在地に附属農場が完成。城之山農場閉鎖。 昭和53年4月農学実習(農学部1年生全学科対象)を開講。農場実習第一および農場実習第二は継続開講。
昭和62年3月 教育用VTR設置。
昭和63年 1月農場に専任教授配置。
3月女子更衣室新設(別棟)。
平成元年 3月温室2棟改修、生産物販売所新設。 
4月和牛導入、乳牛廃止。
平成 6年 農学部再編に伴い、基礎生物生産論及び実習(農学部全学科1年生対象)および基礎生物生産論及び実習(応用植物科学科・地域環境学科2年生対象)を開講。農学実習(農学部全学科1年生対象)、農場実習第一(園芸農学科2年生対象)および農場実習第二(園芸農学科3年生と農業工学科4年生対象)を廃止。
平成 6年 11月和牛廃止
平成 7年5月 鉄骨プラスチックハウス(189 m2) 2棟新設(株式会社千趣会からの寄付)。
平成 9年4月 大学院農学研究科は、農学生命科学研究科に組織再編・名称変更。
平成11年4月 大学院において学科再編。農場内に植物生産管理学研究室(教員4人)が新設され、農場運営および実習を兼務。
平成12年4月 フェンロー温室(通称NEDO温室)(672m2) 1棟新設>
平成14年 水田約1haを工学部学舎建設のため売却。農場用地:5ha。
平成15年4月 基礎生物生産論および実習(1年生対象)が応用生物化学科および獣医学科の選択科目から除外。
平成16年4月 元先端研水田約10aを農場で使用開始。 平成17年4月大学改組のため「農学生命科学研究科・農学部」は「生命環境科学研究科・生命環境科学部」へ名称変更。組織再編に伴い、「農学部附属農場」は「生命環境科学附属教育研究フィールド」となる。フィールドの運営および実習教育は植物バイオサイエンス学科の教員が兼務で担当(専任教員なし)。植物バイオサイエンスフィールド実習(植物バイオサイエンス学科2年生対象)を開講。
PAGETOP