植物バイオサイエンス学科 HPへ

生命環境科学部附属 教育研究フィールド

植物バイオサイエンスフィールド実習T

科目名 植物バイオサイエンスフィールド実習T
英文科目名 Field Exercise for Plant Bioscience Research I
単位数 2
開講時期 前期
担当 植物バイオサイエンス学科教員
授業目標 食用、観賞用、飼料用、薬用など多様な資源となる植物や栽培品種の個体ならびに群落状態での特性を知り、それらを実際に生産する際の栽培技術、病害虫管理技術、圃場管理技術、品種育成方法、収穫方法、収量や品質の評価方法について理解する
授業概要 多様な資源植物の生産技術、育種方法、収穫物調査などについて教育研究フィールドで実習し、実習の過程で生じる疑問や問題点を討論・考察し、理解を深める。また、植物検疫所、試験研究機関、民間の研究所等を見学する。
1. 実習の概要説明・安全確保・作業基礎
2. 野菜類の栽培管理
3. 混入種子の選別と侵入植物の鑑定 
4. 植物病害虫の圃場診断と防除法
5. 育種母体の維持法
6. 選種、播種、育苗法
7. 耐病性検定
8. イモ類、マメ類の収穫と収穫後の圃場管理 
9. 果樹類の収穫と収穫後の管理
10. F1種子の育成法 
11. 資源植物の移植、定植法
12. 収穫後の品質評価
13. 14. 15. 見学
テキスト・参考書 応用植物科学栽培実習マニュアル (森源治郎他、養賢堂)
関連科目 植物バイオサイエンスセミナー、植物バイオサイエンス基礎実験T・U、植物バイオサイエンスフィールド実習U
試験・成績評価 平常点50%と各項目で要求するレポート50%とで100点満点で評価する
数項目については夏期休暇期間中に集中実習を行う
PAGETOP

植物バイオサイエンスフィールド実習U

科目名 植物バイオサイエンスフィールド実習U
英文科目名 Field Exercise for Plant Bioscience Research II
単位数
開講時期 後期
担当 植物バイオサイエンス学科教員
授業目標 資源植物、栽培品種、中間母本等バイオリソーシスの特性を群落状態や屋外環境で十分に発揮させるのに必要な植物や植物環境の維持管理、評価、利用に関する基礎技術を学び、実際的な応用展開の現場を体験して植物バイオサイエンスの基礎を理解する
授業概要 資源植物の探索・導入方法、実験系統・バイオリソーシスの維持法、交配育種法、植物繁殖法、生理生態的特性評価法、病原体・LMO植物・国際侵入植物の取り扱い手法について教育研究フィールドで実習し、実習の過程で生じる疑問や問題点を討論・考察し、理解を深める。 
1. 実習の概要説明・安全確保・作業基礎
2. 遺伝資源採集法と保存方法
3. 栄養繁殖法(挿し木、取り木、分球)
4. LMO植物の順化法
5. 環境影響評価試験法(環境浄化)1, 2
6. LMO・侵入生物の生態影響評価法と植生管理法
7. 植物病害虫の圃場診断と防除法
8. 生産性の検定法(坪刈り試験)
9. 導入品種評価試験とバイオリソーシス(系統)維持法
10. モデル植物の維持法(バイオリソーシス維持) 
11. 耐病性検定
12. 土壌病害の防除法
13. 採種法(調整・種子選・種子増殖圃の組立)
14. 野生資源植物の採集と利用(七草)
15. 繁殖管理法(剪定)
テキスト・参考書 応用植物科学栽培実習マニュアル (森源治郎他、養賢堂)
関連科目 植物バイオサイエンスセミナー、植物バイオサイエンス基礎実験T・U、植物バイオサイエンスフィールド実習T
試験・成績評価 平常点50%と各項目で要求するレポート50%とで100点満点で評価する。
PAGETOP