植物バイオサイエンス学科 HPへ

生命環境科学部附属 教育研究フィールド

研究・研究支援現況

イネなど主要農作物や園芸植物の栽培技術の高度化,植物バイオサイエンスの展開に関する基礎的研究がフィールド兼務教員および学内利用者によって進められている。おもには,穀類の遺伝生態学的研究,園芸作物の増殖技術,施設栽培の高度化技術,矮性イネおよび特用有色米の適応性試験,生態系に配慮した栽培技術,有用遺伝形質の分子生物学的解析が進められ,国内外から得られた遺伝資源植物の導入試験と開発されたバイオリソーシスの維持手法が研究されている。

論文

  1. Thermal situation of plant repuroductive organs affected by gravity and light intensity Y. Kitaya, H. Hirai J. Jpn. Soc. Microgravity Appl. 24 325-329 2007
  2. Effects of BA and leaf piece orientation on adventitious bud formation in leaf cutting of Begonia Tuberhybride Group,Y. Shimada, G. Mori, M. Oda, G. Ishida,J. Japan.Soc. Hort. Sci., 76,157-162,2007
  3. Effects of lighting and air movement on temperatures in reproductive Y. Kitaya , H. Hirai Adv. Space Res. 41 763-767 2008
  4. Growth of sweetpotato cultured in the newly designed Y. Kitaya , H. Hirai, X. Wei, A.F.M.S. Islam, M. Yamamoto Adv. Space Res. 41 730-735 2008
  5. The effects of horticultural activity in a community garden on mood changes Norio Hayashi, Teruo Wada, Hiroaki Hirai, T. Miyake, Y. Matsuura, N. Shimizu, H. Kurooka, S. Horiuchi Environ. Control Biol. 46 233-2404 2008
  6. Cherry-harvesting robot, K. Tanigaki, T. Fujiura, A. Akase, J. Imagawa, Computers and Electronics in Agriculter, 63, 65-72, 2008
  7. フルアジナムとミコナゾールを用いたピシウム菌選択培地の作製と病害診断への応用. 東條元昭.植物防疫 62, 161-163, 2008
  8. 上場地域のタマネギ-キャベツ作付け体系におけるマルチムギの導入.鄭紹輝,前田聖子,中山敏文,中元博明,大門弘幸.Coastal Bioenvironment 10, 19-24, 2008
  9. Effect of temperature and moisture content of the substrate during storage on embryo development and germination in seeds of Musa velutina Wendl. & Drude,S. Nagano, G. Mori, M. Oda,J. Hort. Sci. Biot., 83,33-36,2008
  10. In vivo shoot regeneration promoted by shading the cut surface of the stem in tomato plants. M. Johkan, G. Mori, K. Mitsukuri, K. Mishiba, T. Morikawa, M. Oda,HortScience, 43,220-222,2008
  11. Ascorbic acid promotes graft-take in sweet pepper plants (Capsicum annuum L.). M. Johkan, M. Oda, G. Mori,Scientia Horticulturae,116,343-347, 2008
  12. Effect of ascorbic acid on in vivo organogenesis in tomato plants,M. Johkan, G. Mori, K. Mitsukuri, K. Mishiba, Y. Imahori, T. Morikawa, M. Oda,J. Hort. Sci. Biot. 83,624-628,2008
  13. Shading the cut stems of tomato plants promotes in vivo shoot regeneration via control of the phenolic metabolism,M. Johkan, G. Mori, Y. Imahori, K. Mitsukuri, K. Mishiba, T. Morikawa, M.Oda, Environmental Control in Biology, 46,203-209,2008
  14. トマトの栄養繁殖における品種、摘心および誘引方向が側枝の均一性および採種数に及ぼす影響,小田雅行・黄 美玉・池田英男・古川 一,植物環境工学,20,152-157,2008
  15. Causes of defoliation and low survival rate of grafted sweet pepper plants,M. Johkan, K. Mitsukuri, S. Yamaski, G. Mori, M. Oda,Scientia Horticulturae,119,103-107, 2009
  16. Role of belowground parts of green manure legumes, Crotalaria spectabilis and Sesbania rostrata, in N uptake by the succeeding tendergreen mustard plant. Choi, B.S., Ohe, M., Harada, J. Daimon, H. Plant Prod. Sci. 11: 116-123. 2008
  17. Effect of hairy vetch incorporated as green manure on growth and N uptake of sorghum crop. Choi, B.S., Daimon, H. Plant Prod. Sci. 11: 211-216. 2008
PAGETOP

国際会議・プロシーディング等

  1. Development of curing system for grafting seedlings - Instrumentation of paths and flow on effective vessels-, Y.Nishiura, N.Mikubo, Sakai Japan, Inaugural committee of JSABEES, 298-299, JSABEES, Proceedings of Inaugural Meeting, 2007
  2. Research on rice cultivation by means of direct seeding into stubble in non-tilled dry paddy field, Y.Nishiura, J.Idogawa,Y.oYoshida,T.Masuoka, M.Fukai, Sakai Japan, Inaugural committee of JSABEES, 328-329, JSABEES, Proceedings of Inaugural Meeting, 2007
  3. Development of curing system for grafting seedlings - Instrumentation of junction conduction state though moisture condition with top view images-, Y.Nishiura, M.Hanaoka, Sakai Japan, Inaugural committee of JSABEES, 296-297, JSABEES, Proceedings of Inaugural Meeting, 2007
  4. Pest control with bubbles, Y.Nishiura, S.Morikawa, S.Kusakari,, Y.Yoshida, T. Masuoka, M.Shioyama, M.Hatsukade, Sakai Japan, Inaugural committee of JSABEES, 286-287, JSABEES, Proceedings of Inaugural Meeting, 2007
  5. A new method of taking root after pruned root, Y.Nishiura, K.Shima, T.Wada, T.Fujiura, Sakai Japan, Inaugural committee of JSABEES, 284-285, JSABEES, Proceedings of Inaugural Meeting, 2007
PAGETOP

学術図書・訳書

  1. 只今準備中です。
PAGETOP

総説・報告書

  1. バレイショ軟腐病に対する薬剤防除効果.平成20年度新農薬実用化試験成績(稲・野菜等)―病害防除―(V 近畿・中国地域).東條元昭.社団法人 日本植物防疫協会編 p.103. 2008
  2. 三次元視覚センサをもつトマト収穫ロボット,(社)日本ロボット工業会「園芸用ロボット実用化推進事業」報告書,藤浦建史,和田光生,2008
  3. 「農業総覧 病害虫防除・資材編」、西浦芳史、社団法人農山漁村文化協会、2008
PAGETOP

学会・国際会議報告等

  1. Root nodule formation of hairy vetch as a green manure crop sown under low temperature condition. Choi, B., Mizuta, H., Takei, I., Daimon, H. The 5th International Crop Science Congress in Korea. 2008
  2. 生分解性マルチがサツマイモの生育・収量に及ぼす影響  平井宏昭,増井昭彦,井川聡,藤原信明,北宅善昭  農業環境工学関連5学会2007年合同大会
  3. 生分解性マルチがタマネギの生育・収量に及ぼす影響  平井宏昭,増井昭彦,井川聡,藤原信明,北宅善昭  日本生物環境工学会2008年大会
  4. 生分解性プラスチックの農業利用  増井昭彦,井川 聡,藤原信明,平井宏昭  日本農業気象学会近畿支部2008年度大会
  5. ミニトマト生産用多機能ロボット 藤浦建史JSABEES Symposium on Strategic Plant Production Initiative
  6. ミニトマト収穫ロボットの研究,─ がく(萼)付き収穫について─ 馬場康裕,藤浦建史,和田光生,西浦芳史 農業機械学会関西支部第119回例会
  7. ミニトマト収穫ロボットの研究,−離層からの収穫− 藤浦建史,和田光生,西浦芳史,馬場康裕 農業機械学会2008年度年次大会
  8. 農業ロボットの現状と展望,大学からの報告 藤浦建史 農業ロボット化に関するシンポジウム
  9. ミニトマト収穫ロボットの研究−障害物回避動作− 藤浦建史,林 挺希,和田光生,西浦芳史,馬場康裕 生物環境工学会年次大会
  10. Effects of gravity on temperatures in reproductive organs of plants Kitaya Y. and Hirai H. Interdisciplinary Transport Phenomena V:Fluid, Thermal, Biological, Materials & Space Sciences
  11. The effect of gravity on transpiration of plant leaves Kitaya Y. and Hirai H. Interdisciplinary Transport Phenomena V:Fluid, Thermal, Biological, Materials & Space Sciences
  12. Effects of light intensity on growth and ajoene concentration Naznin M., Kitaya Y., Shibuya T., Hirai H. and Kiyota M. 日本農業気象学会近畿支部2007年度大会
  13. Growth and Ajoene Concentration of Garlic Plants Cultured Hydroponically at Different Photosynthetic Photon Flux Densities Naznin, M. T., Y. Kitaya,T. Shibuya, H. Hirai and M. Kiyota International Symposium on Agricultural Meteorology (ISAM2008)
  14. EPS粉砕品を植物栽培基盤として用いた浮体型植物生産システムの開発 北宅善昭,平井宏昭  第6回JEPSRA技術発表会
  15. 植物生殖成長器官の温度に及ぼす微小重力の影響 平井宏昭, 井原秀汰,渋谷俊夫, 北宅善昭 2008生態工学会年次大会
  16. Growth and ajoene concentrations of garlic plants cultured hydroponically M. T. Naznin,Y. Kitaya,T. Shibuya,H. Hirai 2008生態工学会年次大会
  17. 植物葉の蒸散および熱交換に及ぼす重力の影響 北宅善昭,平井宏昭 第52回 宇宙科学技術連合講演会
  18. 宇宙環境に対する植物反応解明のための実験系構築−微小重力下での植物葉からの蒸散の動態および植物育成チャンバー内の環境変動の解明 北宅 善昭, 高橋 秀幸, 山下 雅道, 東谷 篤志, 平井 宏昭 他 宇宙利用シンポジウム(第25回)
  19. Growth and ajoene concentrations of garlic plants cultured hydroponically with different aeration regimes M. T. Naznin,Y. Kitaya,T. Shibuya,H. Hirai International Symposium on Agricultural Meteorology (ISAM2009)
  20. トマトの三次元画像認識 領内将之,藤浦建史,大橋義広,和田光 生,西 史  農業機械学会関西支部第121回例会
  21. 3波長式三次元視覚センサの試作と基礎実験 藤田修司,藤浦建史,西浦芳史,和田光生,澤田英宜 農業生産技術管理学会平成19年度年次大会
  22. 農作業自動化のための三次元カラー画像認識に関する基礎研究 藤田修司,藤浦建史,和田光生,西浦芳史 農業機械学会関西支部第118回例会大会
  23. トマト収穫用エンドエフェクタおよび収穫実験  青山ゆみ,藤浦建史,大橋義広,和田光生,西浦芳史 農業機械学会関西支部第121回例会
  24. オウトウ収穫ロボットの研究,−エンドエフェクタの改良− 中上富紀子,藤浦建史,和田光生,西浦芳史 農業機械学会関西支部第119回例会
  25. トマト接ぎ木における活着程度の評価に関する研究 −環状剥皮後における木部染色による有効通水経路の可視化− 西浦芳史 三窪直美 農業環境工学関連学会2007年合同大会講演要旨
  26. 果菜類接ぎ木苗養生装置の開発に関する研究 −縦型省エネ養生装置の試作とその性能− 西浦芳史 七田健太郎 花岡正容 農業環境工学関連学会2007年合同大会講演要旨
  27. ナス科の接ぎ木作業の省力化に関する研究 −斜め接ぎおよび平接ぎ用クリップの開発− 西浦芳史 森川信也 上川英信 安間正知 農業環境工学関連学会2007年合同大会講演要旨
  28. ナス苗の断根発根装置の開発に関する研究 −根源基からの細胞増殖を促す環境− 西浦芳史 島 和美 農業環境工学関連学会2007年合同大会講演要旨
  29. 不耕起乾田直播水稲栽培に関する研究−切株直下への播種装置の開発− 西浦芳史 井戸川潤 吉田義弘 升岡隆 深井正清 佐能正剛 植田正浩 農業環境工学関連学会2007年合同大会講演要旨
  30. ポジティブリスト対応、ドリフト防止可能な発泡散布技術の開発 西浦芳史 森川信也 草刈眞一 升岡 隆 吉田義弘 安芸知恵子 緒方和美 井上林三 酒井俊彰 廿日出正美 第64回農業機械学会
  31. 果菜類Y字接ぎ装置の開発に関する研究 西浦芳史 安栗嘉雄 第64回農業機械学会 2007
  32. 不耕起乾田直播水稲栽培に関する研究 −播種条件が出芽に及ぼす影響と自走式歩行型車両の提案− 西浦芳史 井戸川潤 升岡隆 山内嘉人 吉田義弘 深井正清 植田正浩 第64回農業機械学会
  33. 果菜類接ぎ木用苗の育苗と接ぎ木後の養生 西浦芳史 カスムニアズアドラフマン 日本生物環境工学会2008年度大会
  34. 果菜類接ぎ木苗生産システムの開発 西浦芳史 森川信也 上川英伸 安栗嘉雄 日本生物環境工学会2008年度大会
  35. 不耕起乾田直播水稲栽培に関する研究 −播種方法の検討とその機械化− 西浦芳史 井戸川潤 升岡隆 渡辺新治 吉田義弘 深井正清 植田正浩 日本生物環境工学会2008年度大会
  36. ナス苗の断根発根技術 西浦芳史 島和美 日本生物環境工学会2008年度大会
  37. 発泡散布による防除技術 西浦芳史 森川信也 草刈眞一 安藝知惠子 升岡隆 緒方和美 井上林三 廿日出正美 日本生物環境工学会2008年度大会
  38. トマトの本葉主脈上におけるシュート形成の促進, 櫻井美希、小田雅行, 平成19年度園芸学会近畿支部奈良大会
  39. MS培地を基本とした培地を用いたニンジン内生菌の単離・同定および増殖条件の検討, 梅田千晴、古川 一、小田雅行, 平成19年度園芸学会近畿支部奈良大会
  40. ウチョウランの小花培養における節位、ステージおよび暗黒処理の影響, 箕作和彦、小田雅行、森源治郎, 平成19年度園芸学会近畿支部奈良大会
  41. マトの全茎切断によるシュート形成に及ぼす気温と光の影響, 淨閑正史、小田雅行、森源治郎, 平成19年度園芸学会近畿支部奈良大会
  42. トマト茎切断部の遮光による母株上での不定芽形成促進, 淨閑正史、小田雅行、森源治郎, 園芸学会平成19年度秋季大会
  43. 観賞用バナナ種子における湿潤貯蔵後の発芽に関与する諸要因の検討, 長野伸悟、森源治郎、小田雅行, 園芸学会平成19年度秋季大会
  44. トマト茎切断部へのアスコルビン酸処理が抗酸化活性とシュート形成に及ぼす影響, 淨閑正史、森源治郎、今堀義洋、小田雅行, 園芸学会平成20年度春季大会
  45. トマト肥料制限苗化の主要因, 中西孝夫、手塚孝弘、小田雅行, 平成20年度園芸学会近畿支部京都大会
  46. サギソウの組織培養における培養部位および培地の植物成長調節物質濃度の検討, 有田隆也、箕作和彦、森源治郎、小田雅行, 平成20年度園芸学会近畿支部京都大会
  47. フウランの幼植物上部培養におけるAOPPによる不定芽形成の促進, 箕作和彦、淨閑正史、森源治郎、手塚孝弘、小田雅行, 園芸学会平成20年度秋季大会
  48. トマトにおける肥料制限苗の生育と収量, 中西孝夫、手塚孝弘、大森弘美、小田雅行, 園芸学会平成20年度秋季大会
  49. キクにおけるTy3/gypsy型レトロトランスポゾンの解析, 岸脇由季、小田雅行、森源治郎、山崎識知、中塚貴司、西原昌宏、三柴啓一郎, 平成20年度育種学会
  50. 組換えリンドウのカルスにおける発現抑制の解析, 山崎識知、小田雅行、大門弘幸、岸脇由季、中塚貴司、西原昌宏、三柴啓一郎, 平成20年度育種学会
  51. Effect of Etiolation on in vivo shoot regeneration in tomato plants at different cultivars and seasons, M. Johkan, M. Oda, K. Mitsukuri, S. Yamasaki, The first Asian Horticultural Congress, Seoul
  52. Effects of nutrient concentration and cell volume on the growth of cabbage plug seedlings 3 months after sawing, M. Oda, T. Nakanishi, K. Mitsukuri, M. Johkan, S. Yamasaki, K. Murai, , The first Asian Horticultural Congress, Seoul
  53. Effects of anti-browning conditioning on adventitious bud formation in Neofinetia falcata H. H. Hu in vitro, K. Mitsukuri, M. Johkan, S. Yamasaki, T. Tezuka, K. Mishiba, M. Oda, The first Asian Horticultural Congress, Seoul
  54. 単為結果性トマトのPCIB処理による採種効率の向上, 淨閑正史、千葉朋子、山本千紘、小田雅行, 園芸学会平成21年度春季大会
  55. Glomus aggregatum の接種がクリーニング作物Crotalaria juncea の生育とそのすき込み直後におけるシュンギクの生育に及ぼす影響.福田健一,大江真道,三柴啓一郎,大門弘幸 根研究会.
  56. セイヨウミヤコグサ毛状根由来植物の生育と根圏微生物との相互関係.立花詠子,飯島祐一,福田健一,三柴啓一郎,三位正洋,大門弘幸 根研究会
  57. Root-deposited N of two summer green manure legumes, Crotalaria spectabilis and Sesbania rostrata. Choi, B.S.*, Ohe, M., Mishiba, K. and Daimon, H. 根研究会
  58. ソルガム,エンバク,ラッカセイの生育における数種アーバスキュラー菌根菌の接種効果 服部林太郎,福田健一,川邊有美,大江真道,三柴啓一郎,大門弘幸 根研究会
  59. セイヨウミヤコグサ毛状根培養系を利用したアーバスキュラー菌根菌胞子の増殖.福田健一,大門弘幸 根研究会
  60. Root nodule formation of hairy vetch as a green manure crop sown under low temperature condition. Choi, B., Mizuta, H., Takei, I. and Daimon, H. The 5th International Crop Sci Congress in Korea, 韓国
PAGETOP

研究成果の実用化

  1. 只今準備中です。
PAGETOP

学術的賞の受賞等

  1. 第8回バイオビジネスコンペJAPAN奨励賞, 2008
PAGETOP

研究活動  (1)研究費・研究助成金・受託研究等

  1. 農水省先端技術を活用した農林水産研究高度化事業(新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業)2007・2009 「ポジティブリスト対応、ドリフト防止可能な発泡散布技術の開発」西浦芳史
  2. JSTモデル化事業2007・2008「環境低負荷と高収益を実現する水稲栽培用多目的農作業車の試作」 西浦芳史
  3. 受託研究,2007・2008年, 農林水産省,「超省力施設園芸生産技術の開発」,小田雅行
  4. 文部科学省科学研究費(基盤研究C・代表)2007年 「窒素集積土壌における緑肥作物の窒素吸収と菌根菌感染との相互関係の解析」,大門弘幸
  5. 文部科学省科学研究費(基盤研究A・代表)2008年 「作物による土壌蓄積リン資源の獲得戦略の多様性と施肥量削減への応用」,大門弘幸
  6. 環境省科学研究費(廃棄物処理等科学研究費・代表)2008年「梅干調味廃液の酵母発酵によるアミノ酸液肥の開発とその肥効の実証」,大門弘幸
  7. 受託研究費(富士化学)2008年「植物成長調節物質の効果」,大門弘幸
  8. 研究科長裁量経費2007年「大阪府立大学発ブランド品開発研究ー有色米を利用した清酒の開発ー」,大阪府立大学発ブランド品開発研究会
PAGETOP

社会における活動   新聞・テレビ等の報道

  1. 西浦芳史:「薬剤を泡状に散布 ドリフト防ぎ高い防除効果」農業共済新聞2007年7月18日全国農業共済協会
PAGETOP

その他の活動

  1. 特願2007−177331「乾田不耕起栽培法」
  2. 特願2008-191342「発泡散布装置」
  3. 特願2008-295728「接ぎ木クリップ」西浦芳史
  4. 特願2008-319430「水稲栽培方法」西浦芳史
  5. 植物バイオサイエンス学科:大阪府立大学オープンキャンパス「オープンデパートメント植物バイオサイエンス」開催 2008.8
PAGETOP

学外からの利用:見学(視察)状況など

  1. 2007年
    レンゲ畑,田植えおよび稲刈り見学 職場体験 13件(幼稚園、小学校 、中学校)1,338名 国際交流事業に伴う見学:中国上海交通大学農業与生命学院 院長ほか7名
  2. 2008年
    レンゲ畑,田植えおよび稲刈り見学 7件 1196名 職業体験学習 3件 18名
PAGETOP

技師研修

  1. 2007年
    日本新薬 薬用植物園(山科市椥木の辻) フィ ールド技師および実験圃場技師 10名
  2. 2008年
    兵庫県立淡路景観園芸学校 フィ ールド技師および実験圃場技師 10名
PAGETOP