植物バイオサイエンス学科 HPへ

生命環境科学部附属 教育研究フィールド

スタッフ紹介


フィールド長 北宅善昭 (生命環境科学研究科教授)
副フィールド長 今堀義洋 (生命環境科学研究科教授)
実験植物栽培管理室室長 大江真道 (生命環境科学研究科准教授)

技師紹介 (平成27年4月現在)

西田哲治(主査、グリーンアドバイザー)
○フィールド総括:進行中のプロジェクト:「宇宙へちま・ビオラ」、「高糖度マンゴー」、「わい性稲による教育観賞鉢稲開発」、「府大ブランド開発」。好奇心旺盛、珍しいもの大好き、植物のこと、自然のこと、お話しましょう。気軽にお尋ねください。特に、小中学生大歓迎!

小出幸司(副主査)
資源植物・花卉担当:自然の中で人が共有している。人と、自然、植物、今という時に、再認識する必要がある。いつでも語りましょう。

辻野順一(技師)
○水田・牧草園担当:米つくりを担当しています。農業は天候に左右されることが多く、それでも技能の向上を心掛けてよりよい米つくりを目指していきます。

吉村大輔(専門役)
○果樹資源担当:年々農業を取り巻く環境は厳しくなっています。そんな中、少しでも農業の魅力を伝えるお手伝いを出来れば素晴らしいことだと思っています。

吉良 徹(専門役)
○野菜資源・資源植物園の担当です。フィールドを探索すると様々な植物があり、毎日いろいろな発見が出来ます。皆さんも是非お立ち寄りください。

岡 一樹(専門役)
水田担当:食用米だけでなく200種類を数える古代米・有色米もあり、責任の重さを感じながら仕事をしています。大変貴重で珍しい品種もありますので、いつでも気軽に見にお越し下さい。

福 孝二(非常勤職員)
○以前より、短期の仕事でフィールド作業をさせていただいていましたが、、非常勤職員として仕事をさせていただくことになり今年で三年目、やりがいのある仕事です。これから頑張ります。

酒井晴子(非常勤職員)
果樹資源担当:本年4月から着任しました。よろしくお願いいたします。

藪内恵美(販売担当職員)
安心、安全、美味しい野菜、果物を沢山の人に食べてほしいと思っています。朝に収穫、その日に販売、いつでも新鮮です。大人気トマト、一度食べてみて下さい。


 

PAGETOP